Sample Image

寿陵で相続税減税

日々の出費の中で、できればあまり払いたくはないものの一つに、
各種税金が挙げられると思います。
身近なところでは、消費税や住民税、
所得税など様々な種類の税金を私たちは支払っています。

そんな税金の中に相続税というものがあります。
亡くなった家族の遺産を相続することで発生する税金です。

もし、親が急になくなった時、遺族である子供が新たなお墓を建てるとした場合、
相続した財産の相続税を支払い、残りのお金でお墓を建てることになります。

しかし、生前にお墓を建てる「寿陵」を行った場合、
お墓そのものに対しては相続税が課税されないため、実質的に相続税を減税することが可能です。
お墓や仏壇は、先祖代々引き継がれるものですが、
「祭祀財産」と呼ばれ相続財産とは別で、相続税の課税対象にならないのです。
自分が亡くなった後、お墓の建立の手間を省き、節税のメリットもある「寿陵」

自らのエンディングを考える際、ぜひ自らのお墓のことも積極的に考えてみてください。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 nihonohaka All Rights Reserved.