お墓に関する注意点

現代の新しいお墓スタイル

日本のお墓の文化は古く、原始時代から遺体を埋葬しお墓をつくることを行ってきました。

時代の変化と共に、お墓のスタイルも進化を遂げてきました。
少し前までは、仏教式のお墓が主流でしたが、
現代では宗教にとらわれず、
キリスト教式のお墓やデザイン墓などが多く見られるようになっています。

また、都心などの墓地不足、後継者不足などの問題から、
永代供養墓や納骨堂形式のお墓も増えてきています。
さらに一緒にお墓に入る組み合わせも、友人同士・兄弟姉妹同士など、
今までにないさまざまなスタイルのお墓が確立されています。

「デザイン墓」http://www.accesslog.net/oriji.htmlは、世界に一つの個性溢れるお墓として注目を集めています。
故人をしのぶ想い、親しみやすさが高いお墓のスタイルと言えるでしょう。

また、墓地の形も多種多様になってきています。
特に欧米方式の「芝生墓地」や「壁墓地」が人気を集めています。
「芝生墓地」とは、広い開放的な芝生にプレート型の墓石が埋め込まれているものです。
日本では洋型墓石を据えることが多いようです。
「壁墓地」は省スペースという利点からな、公営霊園でも導入されているところもあります。

また、実際に遺骨を納めるお墓ではありませんが、インターネット上に故人の写真などを載せて、
サイト内で参拝を行う「インターネット霊園」・「サイバー墓」も新しいお墓のスタイルと言えるでしょう。

さまざまなスタイルが確立されている、現代のお墓。
自分や家族がお墓に何を望むのか、しっかりと考え相談し、最良の選択をしましょう。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 nihonohaka All Rights Reserved.