Sample Image

日本のお墓の歴史

小さい頃からお盆やお彼岸になると、お墓参りにいくなど、
私たちの身近なものであるお墓。
日本のお墓文化は、いつ頃から形づくられてきたのでしょうか。

古いお墓として、頭に浮かぶのが教科書で見た、
巨大な前方後円墳という方もいるとは思いますが、
お墓の始まりは特に形を持たないものだったようです。

旧石器時代、地面に穴を掘り遺体を埋める簡単なものがお墓の始まりとされています。
そこから、時代の流れにより、棺に納めたり、盛り土をするなど、形のあるものに変化していきます。
その後、権力者の力の誇示を目的とした古墳がつくられるようになりますが、
広い土地が必要な古墳は日本には適さず、お墓が小スペースで済む、
火葬してから埋葬する方式が普及していきます。

戦国時代になると、中国から位牌と戒名の習慣が伝えられました。
そして、キリスト教が禁じられる江戸時代には、全ての日本人がお寺に所属し、
一般的な仏教式のお墓を建てるようになったとされています。
その後、現代では宗教にとらわれずお墓を選択することができるようになり、
キリスト教式のお墓やデザイン墓などが多く採用されています。

また、都心などの墓地不足、後継者不足などの問題から、
永代供養墓や納骨堂形式のお墓も増えてきています。
さらに一緒にお墓に入る組み合わせも、友人同士・兄弟姉妹同士など、
今までにないさまざまなスタイルのお墓が確立されています。
サンプルイメージ サンプルイメージ
Copyright(c) 2011 nihonohaka All Rights Reserved.